アマチュア無線免許4級の試験内容覚えるポイントまとめ

2016/09/18

アマチュア無線4級の試験概要

  • 出題数:法規12問+無線工学12問
  • 合格ライン:法規、無線工学それぞれ8問以上正解
  • 制限時間:1時間
  • 出題方式:4択

電波法規のポイント

用語の定義

「無線局」・・・無線設備+操作する人

「無線設備」・・・電波を送受する電気的設備

「電波の質」・・・周波数の偏差及び幅・高調波の強度、質の悪い電波は臨時発射停止命令

「アマチュア業務」・・・個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信技術及び技術的研究の業務

「アマ局免許状」・・・A5サイズ、5年有効、再申請は1年~1か月前まで、失効時にはアンテナ撤去、汚したら理由を記載した申請書を提出、変更有れば訂正を受ける

「免許証」・・・失効時したら1か月以内に返納、再交付後に発見したら10日以内に返す

暗記する事項

再免許の指定事項

  • 電波の型式・周波数
  • 呼出符号(コールサイン)
  • 空中線電力(アンテナパワー)

総合通信局長の予め許可が必要

  • 設置場所の変更
  • 設備変更の工事
  • 通信事項の変更

4アマで扱える範囲

周波数:21メガ ⇒ 8メガ

空中線電力:30メガ以下=10W(30イカ天と覚える)、30メガ超=20W

総務大臣に報告

  • 非常通信
  • 違反無線局の発見

免許の取り消し処分

  • 指定事項の変更
  • 電波法違反
  • 不正による免許取得

アマ局運用時は、すべて免許状どおり ⇒ この範囲を超えてよいのは臨時通信のみ

アマ局は、他人依頼の通信・暗語の使用は不可

電波利用料は、毎年30日以内に支払う

電波法に基づく処分に違反した場合

  • 3か月以内の運用停止
  • 空中線電力・周波数の制限

アマチュア局の運用

無線通信の原則:用語はできる限り簡潔

アマ局に備え付ける:無線検査簿

移動するアマ局は、免許状を無線設備の常置場所に置く

発生事項 対応方法
通信を受信 「了解」または「OK」
呼出しを受けたが、相手のコールサインが不明 「誰かこちらを呼びましたか」
自局の呼出しか不明 判明するまで応答しない
通信の終了 「さようなら」
通報の終わり 「終わり」
相手局に反復を求める 「反復」の次に反復箇所
呼出して応答がない 3分間隔をおく
試験電波 「本日は晴天なり」と自局呼出符号を10秒以内
非常時 呼出事項に「非常」を3回前置き
誤った送信を行ったことを知った 「訂正」を前置きして、正しい語字を更に送信

無線工学のポイント

無線送信機に擬似負荷を用いる目的:調整中に電波を外部に出さないため

DSB送信機の周波数関係:f(o)=1/6f(c)

FM送信機で変調波を得るには、位相変調器が必要

FM送信機の構成:音声増幅器の次は「IDC回路」、位相変調器の次は「周波数逓倍器」

SSB送信機には逓倍なし

自動車雑音に強いのは、FM方式

SSB変調波から音声信号を得るには検波器が必要

スケルチ回路:受信電波が無いときに出る大きな雑音を消す

FM受信機の周波数弁別器(復調器):周波数変化を振幅変化に変換し、信号を取り出す

AGC(オートマチックゲインコントロール):受信電波が変動しても、受信出力を一定に保つ

スピーカ雑音を外来雑音か調べる方法:アンテナとアースを導線でつなぐ

受信機に電波障害を与える恐れの低いもの:電波時計

ラジオ受信機の電波障害:BCI

テレビ受像機の電波障害:TVI

電波発射による混信・妨害の原因:第3高調波が強く発射されている

他の無線局に電波障害を与える恐れの低いもの:送信電力の低下

ラジオ受信機に強力な電波でBCI発生:混変調

短波の基本波による電波障害防止策:広域フィルタを挿入

交流入力の全波整流回路の出力:交流入力の2倍

接合ダイオードの特性:順方向電圧=内部抵抗小

電源の定電圧回路に用いられるダイオード:ツェナーダイオード

ニッケルカドミウム蓄電池:1個当たり電圧1.2V

乾電池の並列接続:使用時間が長くなる

蓄電池の直列接続:合成電圧は加算、合成容量は不変

リチウムイオン蓄電池:1個当たり電圧3.6V、継ぎ足し充電可

ダイポールアンテナの給電点インピーダンス:75Ω

直列抵抗器の抵抗を内部抵抗の3倍にすると、測定範囲は4倍

分流器は、電流計の測定範囲を広げるために並列に接続する

直流抵抗の測定手順:測定レンジ選択⇒テスト棒を短絡⇒0Ω調整

アンテナと給電線の整合状態チェック:給電線の、アンテナの給電点に近い部分に挿入

初めてアマチュア無線4級を受験する人へのアドバイス

法規については、完全に暗記するのみです。

無線工学については、高校の物理の知識があれば、多少有利かもしれません。フレミングの法則や、オームの法則などから出題される場合があります。但し、そういった計算問題の出題頻度はそれほど高くはないため、苦手な人は、その範囲の問題は捨てるという手もあります。

私は、アマゾンで一番売れていてレビューも良かったという理由で、「初級アマチュア無線予想問題集2016年版: 完全丸暗記」を4~5回繰り返し解きました。丸暗記です。

Evernote-Snapshot-20160724-133332

量が多く感じるかもしれませんが、似たような問題が多く、実は暗記量はそんなに多くありません。すべての問題に出題頻度が★の数で記載されているので、★4以上の問題に絞って丸暗記しました。

2週間ぐらいの勉強期間でしたが、私の場合は、無事合格することができました。これから受験を考えている方は、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

試験合格後にやること ⇒ 【アマチュア無線4級】無線従事者免許の申請手続き

-ドローン初心者向け
-