今話題のドローン検定とは?【試験概要解説】

2016/04/22

3_mini

ドローン検定とは

ドローン検定協会が実施する無人航空従事者試験は、通称「ドローン試験、D検」と呼ばれています。

この資格は、民間団体が独自に審査し任意で認定する民間資格です。(法律に基づいて実施される資格は国家資格と呼ばれます。)

概要

  • 試験内容は筆記で1級~4級
  • 全50問で4択のマークシート方式
  • 制限時間90分
  • 1問2点で80点以上で合格(合格ライン8割)
級数 1級 2級 3級 4級
受験資格 2級合格者 3級合格者 なし なし
実施回数/年 3回 6回 6回 6回
受験料 18,000円 12,000円 5,500円 3,000円
合格者証 合格証(カード) 合格証(カード) 合格証(カード) 合格証(カード)
ピンバッチ 合格者ピンバッチ 合格者ピンバッチ なし なし

出題内容

ドローンの機体の各部名称から機体特性、航空学、気象学、電波法、航空法とドローンの操作・管理にまつわる非常に幅広い範囲から級数に応じた出題がなされます。

アプリで腕試し

IMG_1452

IMG_1453

iOS/Android対応のスマホ・タブレットでドローン検定っぽいアプリが無料でダウンロードできます。どうやら3級のプレテストの内容に近いものが4択で出題されているようなので、雰囲気はドローン3級検定にかなり近いと思います。

ドローン検定ってどんな内容なのかな?と興味のある人は試してみるとよいかと思います。

ドローン検定まとめ

検定は1級~4級までありますが、現在テキストの販売は3級のみです。第1回と第2回はプレテストだったのですが、その問題と解答が公式HPからダウンロードできるので、興味のある方はぜひ一度見てみることをオススメします。→ドローン検定公式HP

ドローンに関する知識を体系的に学べるので、ホビードローンの取り扱いに慣れてきて、そろそろ高価なドローンを購入しようと考えている方は、ぜひ受験してみるのはいかがでしょうか。

-ドローン初心者向け
-,