【CoDrone②】Arduinoプログラミング環境の準備

プログラミング環境の準備

前回の記事:プログラミングの学習に最適!ROBOLINK「CoDrone」とは?開封と組み立てレビュー!

CoDroneを最大限に利用するにはArduinoの開発環境が必要になります。次の手順に従って、パソコンにソフトウェアをインストールしていきましょう。

ArduinoIDEのインストール

Arduinoのウェブサイトから最新版のIntegrated Development Environment(IDE)をダウンロードします

ダウンロードできたら、アイコンをダブルクリックして、ソフトウェアをインストールします

CoDroneライブラリのインストール

先ほどインストールしたArduinoIDEにCoDroneライブラリをインストールします。まずArduinoIDEを開きます。

スケッチ>ライブラリをインクルード>ライブラリ管理 をクリックします

ライブラリマネージャが開くので、「CoDrone」と入力して検索すると、CoDrone by Robolink が見つかるので、インストールします。

スマートインベンターボードのセットアップ

ArcuinoIDEでCoDroneコードを使うには、スマートインベンターボードファイルをインストールしておく必要があります。

Arduino>Preferences をクリックします

追加のボードマネージャのURLの欄に「https://raw.githubusercontent.com/RobolinkInc/Robolink/master/package_rokit_index.json」を貼り付けてOKをクリックします

ツール>ボード>ボードマネージャ をクリックします

タイプに「提供された」を選択すると、rokit by Robolinkが表示されるので、インストールします

USBドライバーのインストール

最後は、インベンターボードにCoDroneプログラムを適切に動作させるためにUSBドライバーをインストールします。次のリンクから対応するOSのドライバをダウンロードします

デスクトップにダウンロードできたら、パソコンにインストールします

これでCoDroneを活用するための環境が整いました。

関連記事:プログラミングの学習に最適!ROBOLINK「CoDrone」とは?開封と組み立てレビュー!

-CoDrone