FatShark Dominator V3の開封レビューとFPV Freeriderゴーグルプレイ

FatShark Dominator V3を購入しました。

IMG_2673

初めてのゴーグルデビューは、Dominator V3となりました。FatSharkの中でも「HD 2」とかなり悩みましたが、結論Dominator V3にしました。詳しくは過去記事にて。

関連記事:レース用ドローンのゴーグルをFatShark DominatorV3に決めた理由【モニター受信機の選び方】

決めた理由が正解だったかどうか答え合わせの時間です。

準備

IMG_2685

初めは配線がむき出しになっているんですね。写真右下の黒いシールの片面が粘着テープになっていて、自分でゴーグルに貼りつけます。シールの反対の面がマジックテープになっているので、写真左のスポンジを取り付けることができます。

動作確認

IMG_2675

バッテリーは、2S 1.8Aのリポバッテリーとバッテリーアダプタが付属しています。

IMG_2676

とりあえず、充電。(初めから7割充電されてましたが)

IMG_2693

電源は横から繋ぎます。

ゴーグルを覗くと、AV-2Dの文字が映りました。

FPV Freeriderをプレイ

とりあえずFatSharkを選んだ理由の1つ。

HDMIケーブルを利用して、FPV Freeriderをゴーグルでプレイしてみたいと思います。

関連記事:【FPV Freerider】ドローンシミュレーターでドローンレースを体感せよ!

IMG_2694

HDMIケーブルとHDMI変換アダプタが付属しているので、これらを利用してゴーグルとパソコンを接続します。

IMG_2700

ゴーグル下側にあるReceiverボタンを0のほうにします。

パソコン側ではグラフィックオプションなどで、映像の出力先を外部ディスプレイに設定します。(多分パソコンが自動でやってくれる)

IMG_2704

ゴーグル上側にあるDISPLAY CONTROLを押すと「AV-2DAV-3DHDMI-2DHDMI-3D」が切り替わるので、HDMI-2Dを選択すればオーケーです。

これで、無事にFPV Freeriderがゴーグルでプレイできるようになりました。

度入りレンズオプション

IMG_2710

度入りレンズが使えるのもFatSharkを選んだ理由の1つです。これはオプションなので別売1,500円ぐらいです。

レンズは「-2.0」「-4.0」「-6.0」の3種類が2枚ずつ入っています。私はコンタクトレンズの度が、右目が「-4.75」、左目が「-4.5」なので、とりあえず「-4.0」のレンズを両目に入れてみることにしました。

IMG_2712

画像では分かりにくいですが、右側にレンズを溝に合わせて挿入しました。レンズには度数が記載されていて、手前から見て度数が反転して見えるように装着します。

度入りレンズでFPV Freeriderをプレイしてみた感想

スクリーンショット 2016-01-17 11.38.12

とりあえず3D酔いしました。

度入りレンズ自体は良いと思います。度がピッタリあっていなくても、視力0.8ぐらいな感じでプレイはできました。

ただ、自分の場合は、左右で視力が違っているので、違和感がすごかった。

おそらく左右の視力が同じぐらいの人であれば、度入りレンズを使用してちょうど視力1.0は無理でも、3種類のレンズから0.8~1.5ぐらいの矯正が可能ではないでしょうか。

というわけで、私はコンタクトレンズで矯正して、度入りレンズなしでプレイすることになりそうです。。

-レース用ドローン
-,