ESC(アンプ)へのファームウェア(BLHelli)のインストール・アップデート方法

ESCのファームウェアをチェックしよう

フライトソフトでのアンプの接続がおかしいとき、私はESCのチェックをしたら直りました。

ドローンに4つあるアンプのうち、何故か1つだけファームウェアがインストールされていなかったのが原因でした。

ついでにファームウェアを最新版にアップデートをしたので、その方法をご紹介します。

ESCとは

81793_1_High

ESC(Electric Speed Controller)とは、フライトコントローラーとモーターの間に接続するパーツです。フライトコントローラーからの信号を受け取って、モーターの回転数を制御する役割があります。

ESCの中にはファームウェアがインストールされていて、「SimonK」「BLHeli」の2種類が有名です。

たいていはプリインストールされているはずなので、特に設定をしなくても使えるのですが、今回なぜか入っていなかったので(外部的要因で消えてしまったのかも?)、自分でインストールします。

81793_2_High

今回使うESCはDYS 16Amp Micro Opto BLHeli Multi-Rotor Electronic Speed Controller (BLHeli Firmware) SN16Aです。

プリインストールされているはずだった「BLHelli」をインストールします。

ESCのPC接続にはUSBLinkerが必要

IMG_2085

これは、ESCとパソコンを接続するためのアイテムです。

国内で探したのですが、どこも在庫がなく、海外サイトから取り寄せました。

1000円前後で販売されています。

(参考)HOBBY KINGの商品ページ: DYS ESC USB Linker ESC Programmer

ESCのファームウェアソフトのダウンロード

FFF

BL HELISUITEのウェブサイトにアクセスします。FFF2

BLHeliSuiteのダウンロードリンクがあるのでクリックします。

外部のMediaFireというサイトに飛ばされるので、そこからzipファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、「BLHeliSuite.exe」があるので、ダブルクリックします。

fff3

ソフトを起動したら、まず最初に使用するUSB Linkerの種類を設定します。

Select interfaceタブから、今回はArduinoUSBLinkerをクリックしましょう。

ESCとパソコンの接続

IMG_2087

USBリンカーにESCの制御ケーブルを差し込みます。白側をシグナル、黒側をマイナスに接続します。

ESCに電源を供給した状態で、USBをパソコンに接続します。

今回はESCをパーツに組付けた後なので、パワーボードに電源を繋ぎます。

組付け前の場合には、ESCとセルバッテリーを直接つないで電源を供給してやる必要があります。

ファームウェアの読み込み

FFF4

接続すると、インストールが自動で始まるので、完了するまで待ちます。

FFF5

Portのところをクリックして、先ほど接続したポートを選択。Connectをクリック。

fff7

Read Setupをクリックすると、接続したESCが読み込まれます。

FFF8

これで、現在のESCのファームウェアの状況を確認することができます。

ファームウェアのアップデート方法

FFF9

①Flash BLHeliをクリックします。

②現在インストールされているファームウェアの最新版が表示されるので、間違いがないか確認して選択し

③OKをクリックします。FFF10

再度確認画面が出るのでYesを選択します。

FFF11

これでアップデート完了です。

Disconnectをクリックしてから、USB Linkerとの接続を外します。

ファームウェアのインストール方法

fff12

インストールされていないESCを接続してReadSetupをクリックすると、上記のようなダイヤログが出るのでYESをクリックします。

FFF13

ESCの種類をタブから選択してやると、対応するファームウェアが表示されます。MULTI用を選択してOKをクリックします。

FFF14

確認画面が表示されるので、YESを選択すると、インストールが完了となります。

-レース用ドローン
-,