基礎から始めるドローンの飛行トレーニング【練習/上達方法】

ドローンを飛ばすのって難しい

ドローンの操縦は自動車の運転と比べると、前後左右のほかに、上昇・下降という方向への移動もできるので、とても複雑です。高性能なドローンは多くのセンサーが搭載されていて、安定したホバリングが可能となっていますが、初めのうちはそれでも怖くてなかなか飛ばせない方も多いのではないでしょうか。

思ったより上手に飛ばせなくて、徐々にドローンから疎遠になってしまうのは悲しいですね。ここでは基本的な練習方法をご紹介していきます。基礎的な動作を繰り返し練習していけば、ふと気づくと自動車のように自然と運転できるようになっていきます。焦らず、ゆっくり練習しましょう。

ドローン操作の基本をおさらい

  • エレベーター:前後
  • エルロン:左右
  • ラダー:右回り/左回り
  • スロットル:上昇/下降

まずは基本的な操作方法のおさらいです。4種類の舵の名前は、この際覚えておきましょう。操作方法はモード2で説明していきます。

関連記事:初心者でも分かるドローンの操作方法とメンテナンスの基本

関連記事:MavicProの飛ばし方と操作方法【飛行手順】

四角形を描く

向きを変えないで四角移動

最も基本的な練習方法です。ドローンは正面を向けたまま、四角形を描くようにドローンを移動させます。右スティックだけで操作できるので、ここで前後左右の動きをしっかりと覚え込みましょう。初めのうちはドローンを自分に向けて動かすのが怖いかもしれませんが、ゆっくり操作して、距離感を覚えていきましょう。

向きを変えながら四角移動

先ほどの応用で、今度は進行方向に向きを変えながら、四角形を描くように移動します。左スティックでの方向転換の方法を覚えましょう。

円を描く

向きを変えないで円移動

四角形の移動をマスターしたら、今度は円形移動の練習をしましょう。前後に動かすエレベーターと左右に動かすエルロンという2つの操作は、どちらも右スティックで行うため、円形に移動するには、斜めにスティックを入れることになります。どのくらいスティックを傾ければ、きれいに円を描くことができるのか、何度も練習して体で覚えていきましょう。

向きを変えながら円移動

向きを変えながら円形移動をするためには、まずはラダー操作で右に方向転換し、ラダーとスロットルを組み合わせて、旋回しながら円形に移動します。そのままの操作で、ぐるっと一周します。2つの舵をどのくらい切ると綺麗な円を描けるのか、何度も繰り返し試してみましょう。

中心を向きながら円移動

中心を向けながらの円形移動です。これは動画撮影をする際に、被写体を中心として、360度撮ることができるので、覚えておきたい有効なテクニックです。やり方は、左スティックは軽めにいれて、右スティックを徐々に入れていき、ラダーとエルロンを組み合わせて操作します。

応用テクニック

8の字移動

円形の飛行に慣れてきたら、その応用技として8の字移動に挑戦してみましょう。8の字の交差する地点で、ドローンの方向が転換するので、意外と難しいです。8の字移動ができるようになれば、ドローンの操作も1人前と言えるかもしれません。

緊急回避:上昇移動

回転しながら上昇するテクニック。ドローンの前進中、前方に障害物などを発見した場合に、緊急回避としても使用できるテクニックなので、覚えておくと便利です。

緊急回避:下降移動

回転しながら下降するテクニック。突然の風向きの変化や突風などにより飛行が不安定な状態になった際に、安全に着陸するのに便利な方法です。

関連記事:ドローン初心者向けステップアップ講座

-ドローン初心者向け
-