【FPV Freerider_Recharged】ドローンレースゲームの名作に続編登場!

eee

あの名作「FPV Freerider」がRechargedして帰ってきた!

FPV Freeriderといえば、4.99ドルという圧倒的な低価格にもかかわらず、実際のプロポ(コントローラー)を使用したリアルな操作性で、数多のドローンレーサー達に愛された大人気ドローンシミュレーターである。

関連記事:【FPV Freerider】ドローンシミュレーターでドローンレースを体感せよ!

その「FPV Freerider」が更なる進化を遂げ「FPV Freerider_Recharged」として登場したのでご紹介する。

前作「FPV Freerider」からの変更点

前作からの変更点をいくつかご紹介しよう。良いところからそうでもないところまで余さずご紹介。

ステージのリアリティが大幅アップ

FPVFreerider-2016-05-17-07-58-21-915

FPVFreerider_Recharged-2016-05-17-05-48-23-566

前作に比べて、ステージの描写がかなり精密になっている。比べてみると、前回のは物体がのっぺりしていて3Dの背景だと認識できるが、Rechargedでは、実際の映像かと見まがうほどに美しい映像となっている。

カメラノイズ

FPVFreerider_Recharged-2016-05-17-05-53-57-416

FPVFreerider_Recharged-2016-05-17-05-52-47-816

無線映像を見ているかのようなカメラノイズをオプションで入れられるようになった。一時的に映像が乱れるため、見にくくはなるが、よりリアリティのあるシミュレーションが実現した。

プリセット設定が1つ追加

FPVFreerider_Recharged-2016-05-17-05-52-17-193

前作FPV Freeriderでも、設定画面にて細かな操作設定が可能であり、レーシング仕様のおすすめ設定「snappy」が用意されていたが、今作ではさらにピーキーな設定のsnappy2が追加されている。

画面解像度を6段階設定

PCの性能に合わせて、画面の解像度設定を6段階から選択できるようになった。今作は映像のクオリティがかなり向上しているので、できる限り高画質で楽しみたい。

クラッシュ時の挙動改良

壁や柱に衝突した際の挙動と地面にハードランディングする際の挙動に変化を加えた。また小さな障害物(葉や小枝)ではクラッシュ判定しないようになった。

LOS時に自動ズームをオフ

LOSというのはFPS視点に対して通常の操縦者視点での操作のこと(を指していると思われる)。LOS時に自動でズームしていた挙動をオフに変更した。筆者はFPS視点でしかプレイしないので、よく分からなかった。

価格 4.99ドル⇒9.99ドル

え、値上がりしている?いえいえ元が安すぎるんです。有名なシミュレーターソフト「リアルフライト」や「HELI-X」などは1万円近くします(もともとヘリ用ですが)。

もちろん今作もDEMOバージョンを無料でダウンロードできるので、お試しプレイ可能です。

DEMOバージョンの特徴

  • 「砂漠」ステージのみプレイ可能
  • カスタム設定が不可

ステージ数 5つ⇒4つ

前作が「砂漠 -Desert-」「小島 -Island-」「草原 -Meadow-」「公園 -Playground-」「駐車場-Carpark-」の5ステージ。

前作から1つ減って4ステージが用意されている。小島・草原・公園が無くなった代わりに、森林と岩山が追加されている。続投の砂漠ステージは内容が大幅に変更されており、駐車場はほぼ前回と同様のステージとなっている。

砂漠 -Desert-

FPVFreerider_Recharged-2016-05-17-05-47-28-684

森林 -Forest-

FPVFreerider_Recharged-2016-05-17-05-48-29-800

岩山 -Rocks-

FPVFreerider_Recharged-2016-05-17-05-49-04-470

駐車場 -Carpark-

FPVFreerider_Recharged-2016-05-17-05-49-52-949

購入方法/インストール方法

bandicam-2016-05-16-19-25-59-760

FPV Freerider Rechargedの公式HPへアクセス

下の方にスクロールすると「Buy Now」ボタンがあるのでクリック

bandicam-2016-05-16-19-26-19-757

基本9.99ドルだが、開発者へカンパすることも可能。その場合には、追加したい金額をクリックしたのち、支払方法を選択する。

選択した支払方法ごとに支払画面に移動するので、手続きを済ませよう。

bandicam-2016-05-16-19-28-10-841

専用のダウンロードページが表示されるので、使用環境にあったOS用のダウンロードリンクをクリックして、ZIPファイルをダウンロード。あとはデスクトップに解凍すれば、ゲームをスタートできる。

※操作方法や設定方法は前作とほぼ同様のため前回の記事を参照

まとめ

より精密なステージ描写により、ドローンレースのシミュレータとしてはよりリアルなレース体験を味わうことができるようになった。前作からの変化点として大きな部分では、映像の美麗化とコースレイアウトが挙げられるが、細かな改良も多く見られる。

但し周回コースは前作に比べて、複雑になっており、初めてプレイする場合には迷子になる可能性も無きにしも非ず。ドローンシミュレーターとしては、前作でも十分なクオリティのため、初心者が練習用に用いる場合には、前作を購入したほうが良いかもしれない。(今作と前作は別物で、前作もマイナーアップデートは引き続き行われるとアナウンスされている)

前作を購入し、全ステージをアクロモードでクリアできる猛者プレイヤーにとっては、今作は垂涎の的であると言える。

-レース用ドローン
-,