はじめての空撮にチャレンジするならHubsan製ドローン「X4 HD」がおすすめ!

61zkNeU2B5L._SL1500_

Hubsan X4 HD

ジーフォースが取り扱うHubsanのX4HDはその名の通り、HD画質での空撮を得意としたドローンです。X4HDは基本の飛行性能が安定していて、カスタマーレビューの評価も高く、安心して購入できるところがポイントです。現在は、1万円以内で購入できるところまで販売価格も下がってきているので、ホビードローンからより空撮メインに挑戦したい方はX4 HDが最適です。

X4 HDの特徴

HDカメラ搭載の空撮メインドローン

41TEvSIX34L720p対応の200万画素HD(High Definition)カメラを搭載しているので、上空からの光景をそのままの美しさで楽しむことができます。また、カメラ自体が他のホビードローンのように外付けではなく、本体フレームに包み込むかたちで内包されているので、衝撃に比較的強いというのもメリットです。

飛行性能

X4HDの機体サイズは全長83㎜全幅84㎜全高33㎜とまさに手のひらに収まるほどの小さいドローンですが、高性能な6軸ジャイロセンサーが搭載されているため、飛ばしやすさでいうとこの価格帯では抜きんでていると思います。

カラーバリエーション

ワインレッド

ワインレッド

ブラックグリーン

ブラックグリーン

ブラックレッド

ブラックレッド

カラーバリエーションはワインレッド・ブラックグリーン・ブラックレッドの3色展開されていて、どれもスタイリッシュなイメージですね。

LEDライト

機体の4カ所のローター近くにLEDライトが搭載されていて前後によって光る色が異なるので、機体の前後の向きを遠くからでも把握しやすくなっています。

付属品

61TXjAEsFTL._SL1500_

ローターガード

ローターガードが付属しているので、室内で飛ばす場合にもブレードにも壁にも傷つけることなく、安心して練習することができます。また、本体の重量はわずか51gという軽さなので、仮に何かにぶつかったとしても大きな事故には成りにくいので安心です。

4GBマイクロSDカード

意外と付属していないくて、ドローン購入後にあわてて買いに行くはめになるのがSDカードです。ですが、この機種は初めから4GBのマイクロSDカードとSDアダプターが付属しているのでお買い得感が強いですね。

合わせて購入しておくべき

乾電池

忘れがちですが、アルカリ単4乾電池×4本用意しておきましょう。ドローン本体は、リポバッテリーが電源となっていますが、送信機は電源に乾電池が必要となります。

予備バッテリー

これは、大きなバッテリーを積めないホビードローンの宿命ですが、だいたい1時間弱の充電で約6分の飛行時間しかありません。外に出かけてドローンで遊ぶためには予備バッテリーを5つぐらい欲しいですね。また複数のバッテリーを同時に充電する急速充電器もあると便利です。

バッテリーポーチ

ドローンの電源であるリポバッテリーは、正しく運用しないと発火の恐れのある危険なものです。保存の際には、必ずセーフティバッグに入れるようにしましょう。安いものなら300円程度から購入できます。

-ドローン機体別
-,