DJI社のプロ用空撮マルチコプター INSPIRE 1とは

medium_large-3

INSPIRE 1とは

ドローンの最大手である中国のDJI社が人気の「ファントムシリーズ」を、プロ仕様のドローンとして開発したのが「Inspire1」です。4Kカメラを搭載し先進のテクノロジーが詰め込まれたInspire1はプロ仕様のハイエンド機といえます。

 トランスフォーム機構

092d016e-99c6-4f13-95a9-985ba1097631._CB302144145__SL220__

フレームとアームはカーボン製で、耐久性と軽量化の両立を図られています。特徴的なのは、離着陸時にトランスフォームするギミックです。4枚のプロペラを支えるカーボンアームは、離陸時に持ちあがるようになっていて、空撮の邪魔にならないようにできています。

反対に着地時には、機体に設置された高度センサーにより自動的にアームが下りるようになっているため、カメラが地上に激突しないようになっています。

 デュアルオペレーター

もう一台送信機を用意することで、【機体の操縦】と【カメラ操作】を別々の人間が操作することが可能になります。映像は2台で共有したままで、操作が可能となるため、それぞれの操作に専念することができます。送信機が2台ついた2パイロット用セットも販売されています。

フェイルセーフ

Return to Home機能により操縦者のもとへ自動で戻ってくることが可能です。またバッテリー残量が少なくなった場合にも、自動で帰還するよう設定が可能であるため、万が一の場合のバッテリー不足による墜落を予防できます。

フェイルセーフとは・・・コンピューターやシステムが、万一、事故や間違いが生じた際に安全を確保する機能のことです。これはドローンに限らず、さまざまな電化製品などにもみられる設計思想です。

4Kカメラ

360度回転可能で、4Kビデオ・1200万画素静止画が撮影可能な高性能カメラが標準装備されています。3軸ジンバルを搭載しており、撮影時の急制動や風の影響を受けても揺れの少ない映像を撮ることができます。

ジンバルとは・・・カメラの姿勢を安定化するための装置です。動画撮影、特に空撮シーンでは、必須機材と言われます。ドローンは飛行時に傾くことで移動するため、その動きに合わせてジンバルがカメラの姿勢を制御することで、空撮が可能となっています。

ジンバルの機能が分かりやすい動画はこちら

Phantom3との性能比較

同じDJI社から販売されたPhantom3との性能を比較してみると以下のようになります。

Inspire1 Phantom3 PRO
重量 2935g 1280g
対角線サイズ 559~581mm 350mm
最大飛行速度 22m/s 16m/s
航行可能限界高度 4500m 6000m
飛行時間 18分 23分
耐久風速 10m/s 10m/s

重量はPhantom3の2倍以上ありますが、飛行速度はInspireのほうが早いことから強力なモーターを搭載していることが分かります。サイズが小さく軽量なため持ち運びの面では、Phantom3に軍配があがりますが、重量とパワーを兼ね備えたInspire1は飛行時の安定性が高く、操縦を分担できるので、本格的な空撮映像を求めるのであればInspire1で間違いなさそうです。

-ドローン機体別
-,