ドローン保険とは?加入の必要性から保険料(個人・法人)、ラジコン保険加入まで徹底解説

2016/08/07

DRONE

ドローンを操縦する責任とは

ドローンを操縦して事故を起こしてしまった場合、これは自動車事故と同様に以下の3つの責任を負うことになります。

  • 民事責任・・・事故により第三者(被害者)に損害(人・物)を与えた場合に、それを賠償する責任
  • 刑事責任・・・法律を違反したことで、罰金や懲役などの刑罰を受けること
  • 行政上の責任・・・行政により免許や資格の取り消しなどの処分を受けること

民事責任

例を挙げると

  • ドローンを墜落させて通行人に怪我を負わせてしまった
  • 車に衝突して破損させてしまった

など、ドローンを操縦する上で最も発生する可能性が高いのが民事責任です。個人でドローンを楽しむ場合には、責任を負えるか検討が必要となります。詳しくは、後半で説明します。

刑事責任

ドローンの操縦する上で関わってくる法規では、以下の2つがあります。簡単に説明すると

  • 電波法・・・電波の公平な利用を確保するための法
  • 航空法・・・空中航行の安全を守るための法

電波法

ドローンは電波によって操縦を可能としています。実は、電波を使用するには、免許が必要であると電波法で定められています。では、みんな電波法を違反しているのかと言うとそうではなく、ある仕組みがあります。

技術基準適合証明(以下、技適)を受けたドローンであれば、免許が無くても問題ないのです。但し、海外製のドローンの場合、技適を受けていないものもあるため、購入の前に確認が必要です。

航空法

ドローンは空中を飛行する機械なので、航空法に定められた内容を守る必要があります。航空法は2015年12月に改正を受け、ドローンに関する内容が追加されています。

詳しくはこちらの記事「【ドローン規制】改正航空法のポイント解説とガイドラインの要約」を一読することをオススメします。

行政上の責任

自動車の場合には、免許の取り消しや停止などの処分がありますが、現在ドローン操縦に特別な免許などは不要なので、 全く関係ないかと言うとそうでもありません。

先ほど電波法で少し話しましたが、海外ドローンや産業用ドローンなど、技適の受けていないドローンを操縦する 場合には、アマチュア無線ライセンスが必要となります。

これは国家試験であり、もし無線機器の不適切使用により事故が起きた場合には、免許の取り消しなどの処分の可能性があるでしょう。

個人・法人ドローン賠償保険

以上のように、個人でドローンを楽しむ場合には、まずは民事責任を負えるかどうか考える必要があります。ドローンは軽量なものであっても、空中から墜落した場合には、多大な損害を引き起こす可能性が十分に考えられるため、ドローン事故に対応した保険に加入することが1番かと思います。

保険に入る上で考えることは、個人で使用するのか、業務で使用するのかです。

個人で使用する場合のドローン保険

日本ラジコン電波安全協会(RCK)のラジコン操縦士に登録することでラジコン保険(個人賠償責任保険)に加入できます。

  • 登録料・・・・4,500円(保険料込み)
  • 有効期限・・・2年間(更新時登録料4,500円)
  • 保険金額・・・1事故につき1億円限度
  • 自己負担額・・1事故につき5万円
  • 引受保険会社・・AIU保険会社

ラジコンを愛好するならば、誰でも登録が可能な上、保険料も月割りすると約190円と非常にお手頃なので個人でドローンを楽しむ方は必ず加入したほうが良いと思います。登録申請は公式ホームページより可能となっています。

業務で使用する場合のドローン保険

2015年7月より、東京海上日動から産業用無人ヘリコプター総合保険(ドローン保険)が開始しました。

東京海上日動 プラン1 プラン2
保険料(1機当り) 20,610円 26,640円
期間 1年 1年
対人対物 1億円まで 3億円まで
初期対応費用 500万円 500万円
訴訟対応 1,000万円 1,000万円

意外と簡単♪ラジコン操縦士登録(個人ドローン保険)手続き

RCKのドローン保険の加入手続きは、生命保険加入などと異なり、押印や審査などは特に無く、用紙に住所氏名等をちゃちゃっと記入して、郵便局で振込むだけで完了です。

IMG_2484

まずはドローンやプロポを購入した際に同封されていたり、模型店においてあるラジコン操縦士登録用紙を用意します。もし手元にない場合でも、郵便局においてある振込取扱票があればオーケーです。

RCKラジコン操縦士申請手続きページにアクセスすると、記載例が用意されているので、それに従って本人情報等を記入します。(このとき「保険有」と記入を忘れないように。)

IMG_2488

適合証明シール記号番号は、プロポの裏側の技適マーク横に記載されてる番号のことです。(参考程度で記入必須ではないようですが)

記入出来たら郵便局へ行って、払込取扱票と申請手数料4,500円を支払います。ラジコン保険は郵便局日付印の翌日から2年間有効となります。

IMG_2580

支払いから2週間以内にはラジコン操縦士登録証とラジコン操縦士手帳が郵送で届きます。

ドローン保険まとめ

ドローンを飛ばして楽しんでみたいという方は趣味であったとしても、ドローン操縦に潜む危険性を認識する必要があります。もし「屋内で遊ぶだけで、事故の恐れはないよ」ということであれば、加入は不要かと思います。

でも「空撮を楽しんでみたい、外で飛ばしたい」ということであれば、万一に備えてRCKのラジコン保険に加入するべきです!保険料もリーズナブルですし手続きも簡単です。

-ドローン初心者向け
-,