クアトロックスシリーズ最高性能の「クアトロックスULTRA」とは

2016/01/26

クアトロックスULTRA

image.php

京商といえば、日本老舗の本格派ラジコンメーカーですが、近年では、そのラジコンの楽しさを多くの人に知ってもらいたい、裾野を広げたいという想いから「KYOSHO EGG」という入門者向けホビーを取り揃えています。その中でホビードローンを集めたクアトロックスシリーズがありますが、その中でも最高パワーと最大バッテリーを搭載した新機種がこのクアトロックスウルトラなのです。

その飛行性能は、6軸ジャイロに加えて、最高パワーと言われるだけある強力なモーターが搭載されていることで、屋外でも安定し

て飛行することができるパワフルな機体に仕上がっているので、ゆとりをもった操縦が可能です。

センサー関係では、6軸ジャイロにより回転の速さや加速度を測定することで、より正確な機体のバランス制御が可能なため、ホバリング性能が非常に高いです。さらに電子コンパスが内蔵されており、「ヘッドレスモード」を使用することができます

ヘッドレスモードとは、操縦の方向をドローン基準ではなく、送信機基準とする機能のことです。ドローンはその形から遠くに飛ばせば飛ばすほど前後の向きが分かりにくくなります。そのため通常の操作モードであるドローン基準だと、操作がしにくいのです。その点、ヘッドレスモードであれば、送信機基準のため、ドローンの向きに関係なく、操作したい方向にスティックを入れて操縦することができるため、非常に便利な機能なのです。

クワトロックスウルトラが搭載するカメラは、静止画で200万画素、動画で720x1280pxというクリアな画質を楽しむことができます。もちろん空撮時には、手元の送信機からのスイッチで静止画、動画を操作できます。

71eNPvZjSSL._SL1500_

機体には、ローターガード一式が付属します。初めのうちは樹や壁などの障害物にぶつかることは避けられないものなので、必ずプロペラを守るローターガードを装備して飛ばすことにしましょう。また飛行させる上で消耗の激しいのがローターです。髪の毛などが絡まることが多いですが、墜落して曲がるあるいは破損することも多いので予備のローター(プロペラ)が4枚付属するのもうれしいですね。

海外メーカーの多いドローン製品の中で国内メーカーから購入できるという安心感もあり、この機種は人気があります。説明書はもちろん日本語ですし、困った場合のアフターケアや問い合わせも簡単にできるのがこの機種が初心者に選ばれる最大の理由なのかもしれません。

-ドローン機体別
-,