リポチェッカーの使い方を覚えよう

2016/03/27

61FtOfkwaBL._SL1000_

リポチェッカーとは

61vofMboM6L._SL1280_

ドローンの電源であるリポバッテリーの電圧をチェックするための道具のことです。

シンプルなものであれば500円から売られているので、ぜひ1つ持っておきたい道具です。

なぜリポチェッカーが必要なの?

どうしてリポチェッカーを買う必要があるのかを説明するには、先にリポバッテリーの仕組みをお話しする必要があります。

エネループのような充電式乾電池は、電圧が下がったら充電器に挿して、満タンになったら使うの繰り返しかと思います。

しかしエネループとリポバッテリーを同じようなものだと考えるのは大変危険です。

どちらも繰り返し充電して使用可能なバッテリーではありますが、根本的にバッテリーの種類が違います。

エネループとリポバッテリーの違い

エネループ リポバッテリー
種類 ニッケル水素 リチウムポリマーバッテリー
電圧 低い とても高い
容量 ふつう 大容量
重量 ふつう 軽い
過放電 少ない ×
過充電 少ない ×
発火の恐れ 少ない 多い

エネループと比べて、リポバッテリーは高電圧・大容量・軽量とバッテリーとしての機能がかなり高いといえます。

しかしその一方で、過放電・過充電により性能が低下したり、使えなくなってしまう。また最悪の場合、発火の恐れがあります。

だから電圧管理が必要

リポバッテリーを使う場合は、「電圧管理」が重要になります。

電圧管理とは、文字通りバッテリーの電圧を適切なレベルに調整することです。

電圧管理が必要な理由は、先ほど述べたように、リポバッテリーは過放電・過充電に弱いからです。

リポバッテリーは、乾電池とは別物という認識が必要で、保管時には難燃性のセーフティバッグに入れることを覚えてください。

リポチェッカーの使い方

IMG_1465

リポバッテリーからは、2種類のコードがでています。

1つは、赤と黒のコードがプラグでまとめられているコード。

これは、赤がプラス、黒がマイナスを表しています。

もう一方の細いコードがまとめられているコード。

こちらは、電圧管理用のコード。これをチェッカーに繋ぐことで電圧管理を行います。

バッテリーチェック

リポチェッカーの基本的な機能です。

リポチェッカーと繋ぐことで、リポバッテリーの1つ1つのセルの電圧を調べることができます。

IMG_1466

HiTECのリポチェッカーの場合、同時にリポバッテリーの残量を知ることができます。

リポバッテリー保管時には残量50%以下で管理するようにしましょう。

バランス機能

リポバッテリーの各セルの電圧を均等に等しくする機能です。

これもHiTECのリポチェッカーの場合は、繋ぐだけで自動的にそれぞれのセルの電圧を均等にしてくれます。

セルの電圧がずれたまま放置しておくと、片方に過充電・過放電が発生して結果バッテリー自体がダメになってしまいます。

最後に

リポバッテリーと普通の乾電池の違いと、リポバッテリーの電圧管理の重要性は必ず覚えておく必要があります。

これを理解することは、電圧管理を怠ることなくドローンを楽しむことにつながります。

 

-レース用ドローン
-,