サラリーマンのためのPhantom3を購入する際の正しい説得術

2016/03/27

欲しいですか?人気ドローン「Phantom3」

近年、メディアへの露出が増え、ドローンの社会認知度が高まっています。その中でも、DJIの「Phantom3」は、ホビードローンの中では、もっとも人気のある機種といって間違いないでしょう。

おそらく人気の秘密は以下のような理由かと思います。

  • 高性能センサーと補助機能により初心者でもかなり安定した飛行が可能
  • わずか10万円台で超高画質の空撮カメラが付いた機体
  • ユーザー数・関連書籍が多く、困ったときに対処がし易い

子供の頃にパイロットを夢見た元少年、カメラ好きが高じて空撮に興味をもった方、最新テクノロジーが大好きな方、さまざまな入口があるかと思います。

ファントム欲しいなぁ。でも10万円って、ちょっと、足踏みする価格です。

とくに家庭を持つ方ならなおさらです。

日々の生活をお小遣いからやり繰りして、こっそり貯めたヘソクリから購入する。

それはいけません。ドローンをチラチラ調べているうちに見つかってしまい。ヘソクリ没収です。

これから正しいファントムの購入方法をこっそりお教えします。

1つ1つ手順を追ってPhantom3を勝ち取る(購入する)

これは戦いなのです。まさしく頭脳戦。

子供に買い与える

まずは、ホビードローンをお子さんに買ってあげましょう。理由は、「誕生日」でも「クリスマス」でも「安売りしてたから」でも何でも構いません。

あくまで自分は興味ないんだけど、話題だし、子供が楽しめるならという体で行きましょう。

安価なものなら3千円くらいから買えます。が、空撮が可能な機種にしてください。これが大切です。

参考記事:価格別に見た空撮にオススメのドローン4機種

参考記事:はじめての空撮にチャレンジするならHubsan製ドローン「X4 HD」がおすすめ!

家族の団らんの時間を作る

ドローンの開封はみんなでやりましょう。家族の団らんの時間を作るのが目的です。

一緒に説明書を読んで、パーツを組み立てて、一緒に公園に出かけて飛ばす。

ドローンの登場により、家庭が楽しくなったということを印象づけましょう。

子供にドローンを通じてルールを教える

ドローンを飛ばすためには、改正航空法を守る必要があります。「このドローンは200g未満なので、問題はないんだよ」と教えてあげても良いですし、「昼間しか飛ばしてはいけないんだよ」など、ドローンを通じて社会ルールを守るということを教えてあげます。一緒にパソコンで調べてみるというのも良い手です。

そしてその姿を必ず嫁さんにみせましょう。

嫁のムービーをとる

ここが一番大事です。

嫁さんのムービーをとりましょう。嫁の空撮アルバムを作成してください。恥ずかしがらずに存分に喜ばせるのです。褒めてください。普段は言えないけど、ドローン越しなら言えます。

いきなりはできないというシャイなあなた、「まずは家族ムービー」→「ついでだから嫁さんも」という流れでも可です。

ドローンOKのムード完成

  • 家族の団らんの時間は増えましたか?
  • 嫁さんはドローンに好意的ですか?
  • ドローンが家庭になじみましたか?

ここまでyesであれば、最終段階に移行します。

Phantom3購入説得

ご存じの方も多いでしょうが、「Phantom3」にはプロフェッショナル・アドバンス・スタンダードの3つのグレードがあります。そして、もちろん価格がそれぞれ異なります。

参考記事:DJI Phantom3を今 僕が買う理由!正しい買い方、グレード比較と選び方。

戦略としては、以下の流れで話をしましょう。

「勉強にもなるし、家族で楽しめるし、家族のムービーも残せるしで、ドローンでいいことばかりだね。」

「もう少しいいドローンが欲しいね。」

「Phantom3っていうのがオススメらしいよ」

ここで大事なのは、まずはプロフェッショナルの価格が20万円であることを最初にいいます。

嫁さんの表情・心の動きをよく読んでください。

個々から先は、あなたが、嫁さんと過ごしてきた時間と経験が勝敗を分かちます。

「でも今なら6万円値下げして14万円ぐらいだ」

嫁さんの顔色はどうですか?ここからは

「1つ下のグレードならさらに2万円安くて買えそうだ」

まだ駄目ですか?最後の譲歩です。

「一番下のグレードなら10万以下で買えるよ!」

最初の20万から半額以下だよ。これでお前をもっと撮りたいんだ!

YOU WIN

最後に

正しき順序でドローン購入に至ることができましたでしょうか。

世の中のドローンユーザーが増えることを心から祈ります。

-PHANTOM
-, ,