【MAVIC PRO】モバイルデバイスでの操作方法

MAVIC PROの操作は、付属の送信機を使用するほかに、手持ちのデバイスを使用して操作することも可能となっています。この場合にはWi-Fiを使用しての制御となります。(周波数は2.4GHz)

WiFi制御時は飛行能力が制限される

ただし、このモバイルデバイス制御モードでは、各機能が制限されるという点に注意が必要となります。

通常(スポーツモード)時:送信機操作 wifi時:デバイス操作
伝送距離 4km 80m(距離)、50m(高度)
最大飛行速度 64.8km/h 14km/h
最大上昇速度 5m/s 2m/s
最大下降速度 3m/s 1m/s

WiFi制御モードへの変更方法

①機体の電源はオフの状態で、制御モードスイッチをWiFiに切り替える

制御モードスイッチは機体右側面にあります

②機体の電源をオン

通常の起動方法と同様に、水平な場所において本体の電源ボタンを長押し

③モバイルデバイス側のWiFi画面からパスワードを入力

iPhoneの場合』

「設定」から「WiFi」を選択します

本体の電源がオンになっていれば、WiFiに「Mavic-○○○」と表示されるので、それを選択して、パスワードを入力する

*パスワードは本体の前方アームに記載されています

バーチャルジョイスティックでの操作方法

MavicProのWiFi接続モードでの制御では、モバイルデバイス上に表示されるバーチャルジョイスティックを使用します。

画面上の左右の円が送信機の左右のスティックと対応しています。左右の円上をタッチすると、その方向にスティックを押す動作となります。

バーチャルジョイスティックでの操作は、通常の送信機での操作方法と同様になるので、送信機でモード2の操作方法を使用していれば、バーチャルスティックもモード2。

WiFi制御でも正確な操作は十分可能

バーチャルジョイスティックでの操作は、送信機に比べて小さくて難しいですね。但し、丸い円の外側であっても反応するので、見た目ほど窮屈な操作にはなりません。

ただWiFi制御時に機体の性能が低下することと、バーチャルジョイスティックでの操作感の難しさを考えると、あまり積極的に使用することはなさそうです。

緊急時、例えば、送信機の充電をし忘れてしまったが、どうしても撮影を行いたい場合などに、一時的に手持ちのモバイルで使用できるというのは助かる場面もありそうです。使う予定がない方も、一度どんな感じなのかお試しされると良いかもしれません。

関連記事:MAVIC PRO完全攻略ガイド

-MAVIC PRO
-