【MavicPro】3つのRTHの設定方法

RTHとは

RTHとはReturn To Homeの略で、ドローンが自動で帰還する機能のことです。

RTHで帰還するポイントをホームポイントと呼びます

ドローンを離陸させる前にGPS信号が受信できている場合には、その場所がホームポイントとして記録されます。(記録されたときに機体ステータスインジケーターが素早く点滅します)

RTHには作動条件の違いによって、3種類のものが用意されています

フェイルセーフRTH

フェイルセーフRTHは、送信機とドローン間の信号が3秒以上途切れると機能し、自動でホームポイントに帰還を始めます。

もしも帰還途中に信号が回復した場合には、RTHはキャンセルされ、通常操作にもどるようになっています

スマートRTH

スマートRTHは、「送信機のRTHボタン」 or 「DJI GO4アプリ内のRTH表示」をタップするとスタートします

低バッテリーRTH

低バッテリーRTHは、ドローンのバッテリー残量が少なくなると機能します。機能する際のバッテリー残量は、ホームポイントからドローンまでの距離によって自動で設定されるようになっています。

RTHを作動させる際の注意点

GPS信号の受信感度

ディスプレイの「5. GPS信号強度」が弱くグレー表示になっている場合、ホームポイントに戻ることができません

前方ビジョンシステムをオン

「6.前方ビジョンシステム」が無効になっている場合、ドローンは帰還中に、障害物を回避することができません。また前方ビジョンシステムは十分な明るさがないと機能しません

障害物回避行動

前方に障害物を検知すると、ドローンは15m手前でストップし上昇します。障害物より5m高く上昇すると、ふたたびホームポイントに向けて帰還行動を再開します

ホームポイントに近いRTH

機体とホームポイントが5m以内の場合でRTHを作動させると、自動的に加工して着陸します

RTHの中止

送信機の「8.一時停止ボタン」を押すと、RTHは中止され、機体はその場でホバリングします

関連記事:MAVIC PRO完全攻略ガイド

-MAVIC PRO
-