【MavicPro】フライトシミュレーターの使い方

初めての飛行前にフライト練習

MavicProを操作するためのアプリ「DJI GO4」にはフライトシミュレーター機能が搭載されています。この機能を使うと、実物のコントローラーを使用してフライト練習ができるので、初めてドローンを飛ばす前に一度練習しておくと安心です

注意点として、フライトシミュレーターは、DJI GO4アプリ上で行いますが、実際にフライトさせるように、MAVIC PRO本体とコントローラーを使用するので、それぞれ充電しておくことが必要となります。

フライトシミュレーターの使い方

まずは通常通りドローンを飛行させるのと同じ手順で電源を入れていきます

  1. MavicProのアームを広げる
  2. コントローラーにデバイスを接続する
  3. コントローラーの電源を入れる
  4. MavicProの電源を入れる

DJI GO4のアプリを起動させて、RC CONNECTEDの表示を確認し、右上のメニューをタッチして、アカデミーを選択する

アカデミーを選択したら、次にフライトシミュレーターを選択します

ちなみにアカデミーには、初心者向けにさまざまな解説プログラムが用意されているので、フライト前に目を通しておくとよいでしょう。

フライトシミュレーターの操作画面の解説

フライトシミュレーターでは、ドローンの操作練習ができます

上図の3箇所のシミュレーター用の表示について説明します

「リセット」表示をタップすると初期位置にドローンを戻すことができます

「?」ボタンはタップすると、初心者向けのチュートリアルを確認することができます

「風:↑0.0km/h」という表示をタップすると、風の影響を調整することができます。

フライトシミュレーターの終了

 

フライトシミュレーターを終了させるには、左上のDJIマークをタップします

関連記事:MAVIC PRO完全攻略ガイド

-MAVIC PRO
-