Phantom3の機能と基本をおさえよう

2016/03/27

71ihn4zFGGL._SL1500_

PHANTOM 3の各パーツを覚えよう

DJI社製のPHANTOM3は、プロ仕様のスペックを持ちながら、アマでも手の届く金額で購入可能な世界中で人気のドローンです。わずか1㎏程度で片手で持てるほどの小さな機体には、最先端のテクノロジーが詰め込まれています。その小さなドローンに秘められた機能を見ていきましょう。

本体前面(フロント)の各部名称

PHANTOM3-FRONT

GPS

外からは見えませんが、機体中央上部にGPSが内蔵されています。GPSとは衛星システムを用いて機体の位置情報を測定するセンサーのことです。これによりPHANTOM3は現在地情報を取得します。

スタンダードではGPSのみ搭載ですが、アドバンス・プロフェッショナルでは、GPSに加えて、ロシアの衛星システム「GLONASS」を搭載しており、より精度の高い位置情報を取得可能です。

カメラ

スタンダード・アドバンスは2.7Kカメラ、プロフェッショナルでは4Kカメラが搭載されています。どちらもかなりの超高画質での空撮ができます。

ジンバル

ジンバルというのは、カメラの位置を調整する回転体のことです。単なるカメラ装着部品とは違い、ドローンの飛行中に機体が揺れたりした場合に、ジンバルが反対方向に動作することで、常に一定の向きを保持する役割があります。

スキッド

スキッドとは脚のことです。ランディングスキッドとも呼び、スキッドの無いドローンや遠隔操作でスキッドの出し入れが可能なドローンも存在します。着陸時に衝撃を受け止める役割がありますが、慣れた人だとスキッドを掴むことで着陸させる「ハンドキャッチ」を行う際にも使用します。

モーター

ほとんどのドローンと同様にブラシレスモーターを採用しているので、メンテナンス不要で、回転数の制御に優れています。

ブレード

ブレードまたはプロペラと呼ばれます。プロペラは回転方向が「時計回り」と「逆時計回り」の2種類があり、プロペラの軸部分の色がブラックとシルバーかで見分けられるようになっています。

ステッカー

色によってグレードが識別できるようになっており、スタンダードが「赤」、アドバンスが「銀」、プロフェッショナルが「金」となっています。また前面に貼られているので機体の方向を知ることができるようにもなっています。

USBポート

ファームウェアのアップデートを行う際に利用します。

本体下部(アンダー)の各部名称

PHANTOM3-UNDER

LED

飛行中の機体のフロント方向を視認するために点灯します

ビジョンポジショニング

PHANTOM2からの進化した機能がこのビジョンポジショニング機能です。超音波センサーと映像から位置情報を取得することで、GPSが使えない室内や天候の悪いロケーションにおいても機体制御が可能となります。この機能はアドバンスとプロフェッショナルのみです。

ブッシュ

機体の振動を吸収することで、精密機械であるカメラを保護する役割があります。

インジケーター

機体の状態をさまざまな色の組み合わせで表示します。

コントローラー(フロント)の各部名称

puropo-front

アンテナ

コントローラーからの信号を発信するためのアンテナ。

モバイルホルダー

スマホやタブレットなどを固定することで、カメラからの映像を見ながらドローンの操縦が可能となります。

スティック

左右2本のスティックによって、ドローンを操縦します。操作モードはモード1とモード2の選択が可能です。

電源ボタン

コントローラーの電源ボタンです。1回押すとバッテリー残量が表示され、さらにもう1回押すと電源がオフになります。

RTHボタン

RTHとはReturn to Homeの略で、操縦者のもとにドローンを帰還させる機能です。

ステータス表示

機体とコントローラーの接続状況を表示します。

バッテリー残量

コントローラーのバッテリー残量を表示します。

USBポート

モバイル端末(スマホ・タブレット)を使用する場合にUSBケーブルを使って、このUSBポートと端末を接続します。

マイクロUSBポート

マイクロUSBケーブルで接続する場合に使用します。

コントローラー側面(サイド)の各部名称

puropo-side

フライトモードスイッチ

3つのフライトモードを切り替えるスイッチです。初めのうちはGPSとビジョンポジショニング機能による機体制御が効くPモードを選択しましょう。

  • Pモード・・・GPSとビジョンポジショニングをオン
  • Aモード・・・GPSとビジョンポジショニングをオフ
  • Fモード・・・IOCを使用する場合に選択

ジンバルダイヤル

PHANTOM3本体のジンバルのチルトを調整するダイヤルです。

ビデオ録画ボタン

カメラの空撮動画を録画するときに使用します。

シャッターボタン

カメラの空撮静画を撮影するときに使用します。

カメラダイヤル

カメラの各種設定(ISO/シャッター速度/露出調整)を行うためのダイヤルです。

再生ボタン

撮影した動画を再生するボタンです。

-PHANTOM
-, ,