価格5,000円以内で選ぶオススメドローン

2016/01/26

価格帯で見るオススメドローン

ドローンという言葉をニュースでよく耳にするようになりましたが、一体どんなものなのか、価格はどのくらいなのか、わからないという方も多いかと思います。まずは、安価で安全性の高いホビードローンに挑戦してみてはいかがでしょうか。パーツの軽量化とバッテリーの高性能化もあり、現在では5000円未満でも十分にドローンの魅力を楽しむことができます。その中でも選りすぐりのオススメ機種をご紹介します!

Holy Stone Predator HS170

81VA3us+gsL._SL1500_

71IMJSPIqyL._SL1500_

手のひらサイズのミニドローンですが、パワーがあり安定した飛行が可能となっています。このPredatorの特徴は、この価格にも関わらず多機能で、ワンキーリターン、宙返り機能、ヘッドレスモードが付いています。

ワンキーリターンとは、スイッチを押すと操縦者の元に戻ってくる機能です。便利な機能ですが、送信範囲を超えてしまった場合には、使えないので注意が必要です。

ヘッドレスモードとは、操縦を機体中心ではなく、送信機を中心とする機能のことです。小型のドローンほど飛行中にどちらの方向を向いているのか分かりにくくなるため、機体の方向に関係なく飛行させることができるほうが操縦がしやすく特に初心者の場合には、とっさの操作が必要な場面で、直感的に操作できるため非常に便利な機能です。

また操作モードが低速モード・中速モード・高速モードの3つが用意されており、操縦者のレベルに合わせて段階的に練習することができるため初心者にオススメな機種です。

この機種は、海外メーカー品に関わらず日本語説明書がついていますし、予備のバッテリーやプロペラなどアクセサリーもそろっているため安心して購入できます。

Cheerson Pocketdrone FQ777

41CkBc2r5xL

41eg8phqLeL

410jnN6abKL

他にはないオンリーワンな特徴を持つ機体がこのFQ777です。なんと送信機が機体ケースを兼ねています。ドローンを飛ばしに広いところに出かけることが多いですが、その際に意外と困るのがドローンの持ち運びです。4つのプロペラで囲まれているので持ちにくい上、適当にバッグの中にしまうとアームが折れてしまうということもあります。

そう言った場合、通常は専用ケースを購入したりしますが、低価格ドローンだと、専用ケースが発売されていない場合も多いです。そのため通信機がそのまま専用ケースになっているこの機種は非常に画期的で、ドローンの持ち運び時の煩わしさが無いため、ドローンを持って出かけるのが楽しみになることは間違いないです。

また、ドローンの基本スペックも必要最低限の機能がそろっていて、ヘッドレスモード、操作スピードの初級・中級の2段階選択が可能となっています。

-ドローン価格別
-